ハンバーグ!

外は雪…。
さすが新潟ですね。
フカフカした雪なら踏みごたえもあって
気持ちいいのですが、水分の多いベチャベチャした雪は
足下も悪くイヤな感じです。
巷ではインフルエンザなど流行っているようですが
お気をつけて下さい。

さて。
jadeの1押しのおすすめと言えば。
やっぱりハンバーグ。

今日はこのハンバーグを細かくご紹介!

まずはハンバーグの中心のお肉。

こだわりのお肉屋さんから
和牛肉新潟の出雲崎豚をバランスよくブレンドし
やや粗めで挽いてもらった新鮮な合い挽き肉を使っています。

ジューシーな旨みと食べ応えのある肉厚の秘訣です!

そこに時間をかけて作った自家製のスモークベーコンをたっぷり加え
パプリカ、オールスパイス、ナツメグetc…香辛料も加えます。

ここからが力仕事です!

混ぜ合わせると言うよりは握る?と言った感じで
挽肉に粘りを付けていきます。

毎回沢山の量を作るので腕がパンパン!
しかも冷やした挽肉を手で練るので
この時期は指が冷たく、ちぎれそ~っ!
手の熱が挽肉に伝わらないように素早く練らなければ!

握力が無くなるは、手は冷たいは。
しか~し!そんな事は言ってられません!

さらにもう1度粘りの付いた挽肉を冷蔵庫で寝かせます。
そして、炒めて冷ました玉葱、卵などを加えて混ぜ合わせます。
1度味付けした挽肉を寝かせることで
お肉に味をしっかり付ける事ができます。

そうして出来上がったタネをワンオーダーずつ小分けにし
ペチペチ、パチパチと空気抜きをして完成!

なにげに時間がかかる地味な作業です 笑)

オーダーが入ったら
よく熱したソテーパンに油を引き
片面ずつしっかりと焼き目を付け、中はレアの状態でオーブンへ。

表面だけを焼くのは、火を通しお肉のタンパク質を固め
中にある旨みののった油を外に出さないため。
蓋をして蒸し焼き状態で火を入れるやり方もありますが
jadeではよく熱したオーブンで火を通します。
そして、よけいな油を出しジューシーな旨みを中に凝縮させます!

焼き上がったら完成で~す!

そしてそして、ソースです。
新潟産の牛すね肉、玉葱、人参、セロリなどの香味野菜から
スープを取りたっぷり時間をかけ旨みを凝縮した
ご自慢のデミグラスソース
e0064423_12415444.jpg

やわらかなタイプのチェダーチーズアボガドのアメリカンなハンバーグなど。

最近の新作!
e0064423_14162252.jpg

昆布でだしを取り、焙ったたっぷりのニンニクに
醤油、唐辛子、砂糖、酢で煮込み寝かせた焙りにんにく醤油だれソースです。

白髪ネギと大葉をたっぷりとのせアクセントにした和風仕立てのハンバーグです。
e0064423_14204047.jpg

香ばしいニンニクとピリッと辛めな醤油だれと
たっぷりのネギと大葉が奏でるハーモニー(←古っ!)が大人気です!
e0064423_14244650.jpg


是非1度お試し下さい!!

只今、フレッシュの洋風わさび(ホースラディッシュ、根わさび)を使ったハンバーグも
開発中です!

尚こんなハンバーグ!とかご意見あれば是非メッセージ下さい!

長々とハンバーグのご紹介でした!
[PR]

by jade_diningroom | 2009-01-27 14:45 | カフェ&ダイニング  

<< エコファーマー 臨時定休のお知らせ >>