男子厨房に入らず?!

せっせかせっせか仕込みに追われている毎日でございます。

今日はひたすらひたすら炒める!でございます。

こいつです!
e0064423_2173853.jpg


The!玉葱!!

子供の頃
「頭が良くなるから食べろ~食べろ~」といわれました。
今では子供に「食べれ~食べれ~」といってます…。


ランチにディナーにと人気でもある『黒カレー』
元となる作業。

玉葱をひたすら薄くスライスし、ひたすら焦がさないように
甘みを引き出すように炒めます。

冬の寒い時期のお薦めメニューで
毎年人気が『オニオンスープグラタン』
このメニューが登場することによって
玉葱の使用頻度がUP!

dancyu2月号にも『冬の贅沢』を楽しもう!と題して
スープ、煮込み料理が掲載されていました。

その中で面白かったのが、

パリ出身の小粋なトップシェフ曰く
「僕らにとってはオニオンスープは、明け方に食べるラーメンみたいな物!」
朝まで飲んで帰り際に小腹がすいた~。
ラーメンでも食ってかえっか~。

あの発想だそうですよ。

パリっ子にとっては上品な食べ物というより庶民の活力となる
ソウルフルな味なんですと!


話を戻して…。
玉葱です。

沢山の玉葱をスライス!
e0064423_21164164.jpg

した後、焦がさないようにじっくりゆっくりと炒めるわけですが

早く炒めようと火力を上げると…。 焦げちゃいます。 苦くなります。

恐る恐るゆっくり弱火で…。 日が暮れちゃいます。


適度な加減で炒めるのがポイントなんですね~。
e0064423_2120070.jpg


おうちではこんなにはいらないと思います。
e0064423_21203961.jpg

一番大きなフライパン×2。
e0064423_2122597.jpg


多いときには×4ぐらいでしょうか…。
(正直気が遠くなります、、、)

がしか~し!美味しくみなさんに食べて頂くには!!

こんなが
e0064423_2128138.jpg

こんなになり
e0064423_21283755.jpg

2つを1つに混ぜて
e0064423_2129393.jpg

こんなになるまで
e0064423_21292511.jpg

約半日ぐらいでしょうか?

鍋底についた玉葱を、へらでそぎ落としながら
甘みを引き出していくのです。
ひたすら炒めるのです!


クッキングパパの荒岩一味(パパ)曰く
「カレーを作るときじっくり玉葱は炒めるべし!
ここは男の出番だぞっ!」
と。


確かに大変な作業です。

が、甘みが増して美味しくなるのは間違い無し!

このブログを見た男性諸君!
次のお休みにいかがですかな?
奥さん、彼女、お子さんから見られる目。
変わりますぞ~!?


ご来店の際、もし黒カレーオニオンスープグラタン
ご注文の際よ~く見て見て下さい。
よ~く味わってみて下さい。

玉葱の甘さが伝わると思います!
[PR]

by jade_diningroom | 2010-01-25 23:53 | カフェ&ダイニング  

<< 昨日の誕生会 天候の悪い中… >>